忍者ブログ

洋楽アーティストの紹介やCDのレビューを中心にライブレポートなんかも。

2017.09┃123456789101112131415161718192021222324252627282930
東北地方太平洋沖地震にて被災された方が一刻も早く元の生活に戻れるよう、一人でも多く助かりますよう、祈っております。


Yahooから募金ができます! ポイントでも可能です。

楽天銀行からも寄付できます!

[PR]

2017-09-23-Sat18:14:12│EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




ランキングに参加中です。
ぽちっとお願いします↓
ranking 
にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

Red Hot Chili Peppers: "Stadium Arcadium"

2007-10-17-Wed08:02:33│EDIT

2006-06-16-Fri ORIGINAL ENTRY

久々の更新ー。
Red Hot Chili Peppersの最新アルバム"Stadium Arcadium"がついに発売!!
僕は誕生日プレゼントとしてBon Jovi"Crush", Foo Fighters"One By One", それからThe White Stripes"Get Behind Me Satan"とあわせて、"Stadium Arcadium"の発売日にいただきました。
というわけで、"Stadium Arcadium"のレビューをしたいと思います。

Red Hot Chili Peppers
Bio/Discography

"Stadium Arcadium"


US輸入盤(↑)以外には、
Stadium Arcadium (UK盤, ¥3374)
ステイディアム・アーケイディアム (日本盤, ¥2682)
日本盤、UK盤共にUSバントの違いは値段以外なさそうです。
日本盤だったら和訳歌詞カードがついてるかな?


Rating
Overall:★★★★★★★★★
Rockness:★★★★
Popness:★★☆☆☆
Heavy/Hardness:★★★★
Atmosphere (Dark⇔Bright):★★☆☆☆
Listener-Friendliness:★★★☆☆
Heavy Rotation Rate:★★★★★★


アルバムの感想。
「このアルバムが好きでなければRHCPを好きでないということだ。」(Barks News)
ベースのFleaはこう発言している。
それほどまでにいいのだろうかと思っていましたけど、実際これはいい!
激しさを押し出したサウンドは全くなく、またラップ色の強い曲もそうない。
スロー~ミドルテンポの曲が多いアルバムです。
でも僕が最初に聴いて思ったことは「ゆっくり」とか「まったり」とかそういうことじゃなくて、「mature=成熟した」と言う感じでした。
更に聴けば聴くほど良さが分かってくるアルバムじゃないからなぁと思います。
全曲通して聴くとさすがに疲れるというか、欲求不満な感が出てきてしまいますけど、一曲一曲はどれもいいです。
RHCPの4年ぶりの、そして初の2枚組アルバム"Stadium Arcadium"は聴く価値ありです。

『選べる外貨』誕生!
曲ごとの感想。
Jupiter
01. Dani California
本作からの1stシングル。
PVではいくつかのバンドに扮してます。
NirvanaとかBeatlesとか。
NirvanaファンからそのシーンがKurt Cobainへの冒涜だ!って言う反応も出てるみたいですね。
でも、FleaはDave Growlの承諾をとっている(Barks News)らしいですよ。
アルバム中一番キャッチーだと思います。
実際、このアルバムの中で一番好き。
映画実写版Death Noteのテーマソングになってます。
ボクとしては、ウーンといった感じですが。。。


02. Snow (Hey Oh)
Introのギターリフは印象的ですねー。
繊細で哀愁を誘う感じ。
Verse(Come to decide that the things that I tried ~)のメロディーは単調だけど韻を踏むことで面白みが増してますね。
そしてなかなか早口で言わないとやってけないんですよねー。


03. Charlie
Verse(All the boys stitching time ~)はそこまでボクは良いと思いませんけど、サビ(So much more than Charlie's waking me ~)は耳に残りますねー。
サビだけ好き。
ところでCharlieってだれよ?
Outroのベースが弾けたらかっこいいよねー。

04. Stadium Arcadium
アルバムタイトル曲ですねー。
この曲はここまでの3曲と違ってだいぶ暗めな曲調です。

05. Hump De Bump
Vocalはそれほどでもないが、Bass, Guitar, Drumsのリズムが弾んでて、ついつい肩を揺らしてしまいますね。
トランペットが入ってる?
吹いているのはFleaでしょうねー。
あと、感想に入っているポコポコ行っている楽器は何でしょうかね?
缶とかそんなのをたたいている感じですね。


06. She's Only 18
このベースリフはいいねぇ。
Pre Chorus(This talking picture show ~)のメロディーが面白いです。

07. Slow Cheetah
サビ(Slow cheetah coming for my forest ~)が良い!
秀逸だと思います。
Dani Californiaと同じくらい、ひょっとしたらそれ以上に好きかも。

08. Torture Me
この曲もベースリフから始まるんだけど、やっぱりFleaのベースはいいよねーと思ってしまいますな。
トランペットがまたこの曲に劇的なイメージを加えてますねー。
"Torture Me"=「拷問してくれ」ですからねぇ。
Jonの鋭いギターソロも曲の感じを見事に表してる。
サビ(Torture me and torture me)のBacking Chorusの歌詞は「このまま~」っていってるようにしか聞こえないのですが…。

09. Strip My Mind
すごい叙情的な歌ですね。
ロックでないものとロックが融合された感じを受けました。
ただ、融合されてどちらかになったとかいうことではなく両方のよさを残しつつまた別のものになった、そんな感じがボクはしました。

10. Especially In Michigan
サビ(Cry me a future ~)にある"Ladiers and Gentlemen"というフレーズだけは必ず言ってしまう(笑
しかしレッチリの歌には地名がよく出てくるイメージがありますね。

11. Warlocks
おいおい、ベース難しくないかい?
Verse(Warlocks in wonderland ~)部分の韻の踏み具合は一番激しい(?)かもしれんね。
Warlock=黒魔術師、魔女/やくざ、悪党

12. C'mon Girl
サビ(C'mon girl ~)がなんていうか日本の祭りって感じがしませんか?
するでしょう?

13. Wet Sand
Bridge…いや、Outroか?(Oh you don't form in the wet sand ~)のメロディーラインがいいよね。
そこまでは比較的平坦な静か。

14. Hey
Disk1:Jupiter最後の曲。
Guitarがいいよ。
この音がいいですよねー。

RED HOT CHILI PEPPERS オフィシャルTシャツ I ASTERISK RHCP M

RED HOT CHILI PEPPERS
オフィシャルTシャツ (M)

希望小売価格¥4,095 → 販売価格¥3,675

シンプルでカッコいい!デザインはレッチリの定番ロゴ「アスタリスク」をメインにしたもので、ファンならずとも欲しくなるTシャツに仕上がっている!ライブに着ていくというだけではなく、ストリートのファッションアイテムとしても大活躍!彼らのロック魂が、彼らのビートが、こ…

拡大画像を見る
商品詳細ページへカートページへ

RED HOT CHILI PEPPERS オフィシャルTシャツ I ASTERISK RHCP L

RED HOT CHILI PEPPERS Official Tシャツ (L)

希望小売価格¥4,095→販売価格¥3,675

シンプルでカッコいい!デザインはレッチリの定番ロゴ「アスタリスク」をメインにしたもので、ファンならずとも欲しく…

商品詳細ページへカートページへ

RED HOT CHILI PEPPERS オフィシャルTシャツ ASTERISK M

RED HOT CHILI PEPPERS * Tシャツ (M)

希望小売価格¥4,095→販売価格¥3,675

シンプルでカッコいい!デザインはレッチリの定番ロゴ「アスタリスク」をメインにしたもので、ファンならずとも欲しく…

商品詳細ページへカートページへ

RED HOT CHILI PEPPERS オフィシャルTシャツ ASTERISK L

RED HOT CHILI PEPPERS * Tシャツ (M)

希望小売価格¥4,095→販売価格¥3,675

シンプルでカッコいい!デザインはレッチリの定番ロゴ「アスタリスク」をメインにしたもので、ファンならずとも欲しく…

商品詳細ページへカートページへ


Mars
01. Desecration Smile
Verse(All alone, not by myself ~)は静かですね。
サビ(Never in the wrong time or wrong place ~)は結構力強いです。
でも、この曲が1曲目ってのはどうなのかな?

02. Tell Me Baby
Chorus(Tell me baby what's your story ~)以外はRap色が強い。
いや、Chorusも結構韻を踏んでるから、全体的にと言ってもいいのかな?
2nd Verse(Come and get it ~)はもう完璧にRapですな。


03. Hard to Concentrate
繊細な感じ。
まるでガラスのようなもろく割れやすいもののような感じがしますね。

04. 21st Century
「21世紀には理由がある。
確信はないけどあるはずなんだ。」
っていうサビ(There's a reason for the twenty-first century ~)の歌詞なんだけど…ボクにはわかんないっす。

05. She Looks To Me
この曲のGuitarのキレ具合もいいよね。
サビ(It looks to me like heaven ~)のメロディーは覚えやすいけど、そこまで好きじゃぁないかな。

06. Readymade
ちょっと古めのロックという感じも漂う曲。
オーソドックスなものとレッチリらしさのミックス。

07. If
Disk1,2を通してもっとも静かな曲じゃないかなー。
物凄く透き通った水って感じのイメージがします。
・・・しません?

08. Make You Feel Better
Ifの後だから余計にそう感じるのかもしれないけれど、明るめのアップテンポの曲です。
君の気分をよくしてあげる。っていうタイトルにぴったり。

09. Animal Bar
なんか80'sのPopsってかんじのPre Chorus(Ah ah ah the cry of vacilation ~)ですね。
Ah, ah, ahってところとか。
リズムが歯切れよくて楽しいですねー。
必ずしも明るいといった感じではないんですけど。

10. So Much I
Bass Introだー!
同じリズムの繰り返しってしんどいんだよねー。
この曲も歯切れがよいですねー。
サビ(Please don't turn away again ~)のメロディーはかっこいいですね。
爽やかーな雰囲気漂う素敵なメロディーだと思います。

11. Storm In A Teacup
Rapな1曲。
ルカルカラカラカ。

12. We Believe
Rockじゃないんではないでしょうかー。
何とか頑張って表現したいんだけど、僕が聴いてきた音楽のジャンルにはなんか当てはまらないっつーか、相応しい言葉が見つかんないです。
これがFunkというものなのか?
わかんねー。

13. Turn It Again
サビ(All my friends ~)のGuitarがかっちょいいぜ!
Soloのところもすげーイイ!
この何?スクラッチ?の聴いた音。
いいですね。
ん?ペットが入ってる?

14. Death of a Martian
この2枚組みのアルバムの〆の1曲。
火星人の死というタイトルですが。。。
歌詞をよく読んでないのでよくわかりません。
ボクは語りが入ってる曲はあまり好きじゃないので、この曲もまぁ終わりの方はあまり好きじゃないです。
でもサビはなかなかいいなーと思いました。


発売日から1ヶ月以上経ってしまいました。
もともとすぐにレビューする予定だったんですけどねー。
帰国とかなんかいろいろありまして。。。
旬な時期を逃してしまいましたが。。。
それにしても全曲の感想書くのが辛かったわー。
いやー、ホントしんどい。
ボク語彙が少ないから、いっつも似通ったレビューになっちゃうんだよねぇ。。。


Read My Other Reviews of This Artist's Other Albums:
>>"Californication"
>>"By the Way"
Also Read My Live Report of This Artist:
>>Stadium Arcadium Intercalactic Tour 2006

PR



ランキングに参加中です。
ぽちっとお願いします↓
ranking 
にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret: ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
見識の無さゆえに
お久しぶりです。
すいません、ニルヴァーナの時ばかりコメントして。

ニルヴァーナとレッチリが懇意の仲であることは多くのファンが知るところですし、私なんかは逆に嬉しい感覚さえ覚えました。
リオでのライブにフリーが参加したり、ニルヴァーナがすすんでレッチリの前座をやっていたり、あるいはアンソニーが「Tearjerker」という歌でカートの事を題材にし「カートが大好きだった」と伺える歌詞を書いていることなどを知らないファンが言っているのではないかと思います。
あのPVは決してニルヴァーナを茶化しているのではなく、単純にアメリカにおけるロックの歴史を表現しているに過ぎず、ニルヴァーナがエポックメイキングな存在だったことを表しているのだと思えます。
まるあURL2007-10-17-Wed 16:24:51EDIT
Re:見識の無さゆえに
>お久しぶりです。
>すいません、ニルヴァーナの時ばかりコメントして。
お久しぶりです。
いえいえ、コメントして下さるだけでもうれしいですよ。
まるあさんのニルヴァーナへの愛が伝わってくるようです^^
僕は、そんなに深いことは知りませんけど、あのPVを見て、冒涜云々なんて思い付きもしなかったですョ。
Kidai│2007-10-19-Fri 13:39
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

Search This Blog
Profile
HN:
Kidai
趣味:
音楽・映画鑑賞とかとか
自己紹介:
Enjoy A Life, Let's Have Fun.で日記をつけています。
また、楽しくやるぜ★ではアニメやらマンガやらその他いろいろのレビューとかやってます。
相互リンク随時募集中です!
Blog Ranking
ブログ王 にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
Collablo
Special THX
Gifアニメを使用させて頂きました。

イラそよ様

るーま様のページ「イラそよ」

Queen's FREE World様

女王様のページ「Queen's FREE World」

am26:00様

chara様のページ「am26:00」

Categories
Recent Comments
[06/22 つっしゃん]
[06/15 つっしゃん]
[01/15 章]
[12/26 てすたろっさ]
[10/28 まるあ]
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 Rock 'n Roll Addiction Some Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]